2016年7月25日

今度の東京都知事はどの有名人になるのか?

また始まる都知事選!

東京都知事選がまた始まろうとしていますが、毎回有名人が出馬をして、人気投票のような様相を呈しています。総理大臣の場合には、国民が直接投票をする直接選挙ではなく、国民が選んだ国会議員の投票によって決まる間接選挙となっていますから、都民が直接投票によって都知事を決められるという点では、やはり関心が高まるのも当然と言ってよいかもしれません。それでは、今まではどのような有名人が都知事となったのでしょうか。

有名人から政治家に!

直近の都知事は元学者で国会議員・政治家でした。その前の都知事は作家で、その前は元作家で国会議員・政治家でした。このように見ていきますと、どなたも政治とかかわりあいのあった方で、学者や作家などの文化的なバックグラウンドのある方であったと言えるでしょう。でも、時系列で考えてみますと、学者や作家などの経歴により世間に注目されるようになって、そのことによって国会議員や政治家になることができたということになります。

有名人が都知事になるのは良いことなのか?

そして、今回注目されている立候補者も、テレビ・キャスターとして有名人となり、それがきっかけで国会議員・政治家となった女性ということになります。このように、有名人が都知事となるという最近の傾向は、良くない事であるという論調も最近では出てきています。でも、投票をする都民の立場に立ってみるならば、有名人であるほうが判りやすいと言うこともできるのではないでしょうか。すなわち、いくら専門家と言っても、全然知らない人は判断しようがないからです。

山本英俊は相馬眼に優れた個人馬主です。数いる個人馬主の中でも数限られた重賞勝ち馬を数多く輩出しています。